【ツール商材】 最新注目情報|知りたい点一発解消可能!

【ツール商材】の詳細をリサーチしているなら、初級内容から上級内容まで理解できるようにお伝えしている、こちらのホームページにお越しください。【ツール商材】に関してのあなたの疑問点も必ず解決できるでしょう。

劣勢終盤で積極策裏目…相手投手を手助け/建山義紀(日刊スポーツ)

time 2019/08/07

目元美容アフィリエイトブログを作る記事テンプレートセット!のネタバレと体験談

株式会社天空の
目元美容アフィリエイトブログを作る記事テンプレートセット!が気になってます。

公式サイトを読んでも
大事な部分がよくわからないから・・・
もっと詳しく知りたいと思っちゃうよ。もー

出典元:日本ハム対オリックス 4回表に4失点し顔をしかめる斎藤(撮影・黒川智章)

<日本ハム0-5オリックス>◇6日◇札幌ドーム

劣勢の展開を戦ううえで、「流れを変えよう」という思いは持っていなければいけない。だが点差や残りイニングといった状況判断も大切だ。

【写真】ベンチで渋い表情の栗山監督

日本ハムは4点を追う7回、先頭打者の石井が、2ボールからの3球目を打って投ゴロに倒れた。オリックスは先発の田嶋から近藤に替わったばかり。ストライクが入らずに苦しんでいる投手を、助けてしまった。マウンドに上がったばかりの投手が何より落ち着くのは、最初の1アウト。「打ってやろう」という気持ちはわかるが、とらえた打球でも、野手の正面にいってしまうこともある。試合終盤の4点差は、1点ずつ返していけるようなビハインドではなく、走者をためることが大事な場面。状況が頭に入っていれば、もう1球待つことができたのではないだろうか。

負け投手となった斎藤は、低めのフォーク、チェンジアップをうまく使って2、3回を抑えた。だが4回はオリックス打線がその変化球を拾い始めた。「遅いボールにやられないようにしよう」と、相手が意識を変えてきた中で、しかし配球は同じパターンのままだった。変化球を振らせるためにも、もっとストレートを投げていくべきだったと思う。(日刊スポーツ評論家、侍ジャパン投手コーチ)

ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・

『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。

私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー

PR



人気投稿ランキング



sponsored link

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。